応募
エントリー

獣医師 募集

24時間 365日 ER型

神奈川どうぶつ
救命救急センター

―救急専門の動物病院―

動物の救急医療をともに変えないか?

なぜ夜間の動物病院が
動物救急と言われるのか

「昼も夜も、飼い主様が
緊急時に一番に思いつく場所」
「救急の知識・技術を兼ね備えて
いるからこそ信頼できる場所」

 

そんな動物医療の次なるステージを
「神奈川どうぶつ救命救急センター」
から創ります

そして、 整備された体制と
教育制度から、
救急の最前線で新しい技術・知識を
最短距離で学び吸収することが
できる動物病院として、
成長できるシステムも整えています

どんな動物病院なのかWhat kind

1.
24時間365日ER型
救命救急センター
2.
様々な症例が集まる
地域特性
3.
一流救急医療チーム
メンバーから「学べる場」
1.

2022年8月1日に開院。
夜間救急の体制からスタートし、11月1日より24時間365日受け入れ可能な「ER型救急医療センター」として始動しました。24時間救急専門の病院として、グループ病院はもちろんのこと、他病院からも多数紹介を受けあらゆる救急症例に対応しています。

【ER型救急医療とは?】
ERはEmergency Roomの略で、「救急室」「救急外来」のことを指します。 人医療における救命救急センターを主体とした3次救急医療に対し、通常の対応では間に合わない突発的な病態対応を求められる救急外来を受け入れる病院施設の対応をER型救急医療と呼びます。

2.

都会的な環境と地方都市的な環境も併せ持つ相模原~町田地域にあるこの病院は夜間の交通商圏がとても広く、 遠方からでも様々な症例が集まる地域です。 様々な緊急獣医療を必要とする症例を受け持つ責任が獣医師の技術と心を育てていきます。

3.

現在働いているメンバーは様々なプロの現場で救急医療や高度医療に携わっていたスタッフです。その彼らがここに集まり地域救急医療のためにひとつのチームを組んで全力で診療にあたっています。一流のチームのメンバーの一人としてしっかりと学び、その学びを実践していってください。

実現させることCome true

24時間365日受け入れ可能な
『救急医療体制』の構築

  • 1.昼夜を問わない救急医療の救急救命率の底上げ
  • 2.24時間体制の集中治療の提供
  • 3.自身が救急で提供すべきと思う「必要なもの」を形にして実現するためのサポート体制
  • ⇒ 夜間だけでなく日中も救急専門の動物病院として、常に緊急を要する患者の受け入れができる体制を整えています

育成と戦略的治療の実践

  • 1.夜間救急医療経験者達に学び、将来の救急医療現場を主軸となって支える獣医師の育成
  • 2.病態生理学を理解した治療戦略の構築
  • 3.パターン化された治療法から脱却し、病態把握をした治療の実践
  • 4.症例検討会を積極的に用いた実践的な教育システム
  • 後進育成にも力を入れ、学べる体制・教育システムを強化していきます
  • ⇒ 病態に対して一律の診断を下すのではなく、チームであらゆる可能性を考え治療していきます

安心の働き方

  • 1.本社によるバックアップを行うことで獣医療に集中できる体制
  • 2.長期的に安心して働ける環境
  • 3.平等な評価制度と多様なキャリアプランが実現できる環境
  • ⇒ 診療以外の業務は本社が完全バックアップ。そして、平等な評価制度で多彩なキャリアプランを提案します
  • ⇒ 長期的に働けるよう定期面談の実施ワークライフバランスを考慮スタッフを一番に考えた働き方を行っています

アカデミア活動Academic activities

当院では下記アカデミア活動を行っています。

【1】Journal Club(論文抄読会)を院内で月1回実施
【2】国内学会発表(予定)
・獣医麻酔外科学会
【3】国際学会発表(予定)
・EVECCS(European Veterinary Emergency & Critical Care)
・IVECCS(International Veterinary Emergency & Critical Care)

現在、救急および集中治療において、これらのアカデミア活動を行っている施設は日本にはないと考えられます。

日本以外のアジア諸国ではアカデミア活動が大きく発展してきており、この活動を当院が行うことで、臨床・教育に直結するだけではなく、
当院から救急集中治療に関わる新たな知見をアウトプットするという『大きな意義』をもっています。

わたしたちは、これらの活動を通じ、
日本国内で【正しい救命救急獣医療の発展】【救急救命率向上】に貢献をしていきたいと思っています。

求める人財Whom we want

この救急病院で大切とするのは、
『チーム医療』

救急の現場では、一分一秒が命取りとなります。チーム全員が連携をとり診療をしていかなければ成り立ちません。わたしたちが求めている人財は、技術レベルではなく、チームとして互いに尊重し合い、切磋琢磨していける方です。それぞれ得意とする分野が違い、また、未熟な分野もあります。チームでフォローし合い、互いに腕を磨くことのできる同じ志を持った方とともに、この救急病院を創り上げていきたいと思っています。

主に・・・、

  • 1.前向きな学習欲求を持っている方
  • 2.飼い主様はもちろん関与するすべてのスタッフに対しても敬意を持ち、尊重出来る方
  • 3.強い思い込みなどの思考の偏りのない方
  • 4.全体調和思考を持っている方
  • 5. 教えてもらうだけではなく、同じように自分も教える立場として動ける方
  • 6.何か新しい医療を創造したい方

やりがいWorthwhile

成 長
救急医療チームの一員として、仲間と共に技術・知識レベルの向上
一次診療とは異なる救急対応から術後管理までの診療、治療プランニング立案方法の習得
救急医療現場で必要とされる思考の瞬発力、迅速な判断力の習得
使命感と向上心のある人がやりがいと成長を実感できる環境
環 境
本部によるサポート機能により、手技のスキル向上や最新知識の習得に集中できる環境と、経験値を活かしたキャリアプランの構築が可能
福利厚生として、関連会社の学習支援動画無料視聴・書籍購入サポートなど他にはないメリット

多彩なキャリアプランCareer plan

一生涯、[ 同じポジションで同じ働き方 ] のように評価されないということはありません。
「救急を極めたい」「院長になりたい」「ゆくゆくは本社で経営を学び独立したい」など、それぞれに持ち合わせている夢や目標があるはずです。様々なキャリアプランにより、【夢に近づける】【目標を達成できる】環境をご用意しています。

昼夜含めた
救急・集中治療
対応
獣医師

総合診療対応
獣医師として
昼間勤務獣医師

総合診療対応病院や
専門型病院の
増設に伴う
院長、副院長、勤務医ポジション

救急医療対応をする
病院
増設に伴う、
別病院での
センター病院長
その他ポジション

救急医療経験者として各現場を
巡回する
指導者獣医師ポジション

メンバーMember


病院長
小﨑 功太郎

2011年 3月 北里大学獣医畜産学部獣医学科卒業
2011年 4月 株式会社ガーデン動物病院入社
2013年11月 東京動物心臓病センターにて研修
2016年 4月 一般社団法人東京城南地域獣医医療推進協会
        (以下、TRVA動物医療センター)入社
2016年11月 JASMINEどうぶつ循環器病センターにて研修
2018年 3月 TRVA動物医療センター 夜間診療主任に拝命
2018年10月 TRVA動物医療センター 2次診療・日中診療主任に異動
2021年10月 株式会社JPR 神奈川どうぶつ救命救急センター院長として入社
日本獣医循環器学会所属
RECOVER BLS & ALS Rescue course修了認定取得


学術アドバイザー
遠藤 雄介

2014年3月 酪農学園大学獣医学科卒業
2018年3月 酪農学園大学大学院修了(博士号取得)
札幌夜間動物病院勤務

現在、アメリカ・ニューヨークのファインスタイン医学研究所(Feinstein Institutes for Medical Research,Lance B.Becker Lab.)所属研究員としてラットを用いた心肺停止蘇生モデルや人工心肺装置による蘇生モデルを使った研究に従事。ニューヨークに在住しながら神奈川どうぶつ救命救急センターの学術アドバイザーを務める


診療アドバイザー
平野 由夫

1991年3月 日本大学農獣医学部獣医学科卒業
1992年   ひらの動物病院開業
日本獣医再生医療学会副理事長
農林水産省動物再生医療等製品・バイオテクノロジー応用医薬品薬事審議会委員
農林水産省動物用医薬品再調査会委員として活躍
神奈川どうぶつ救命救急センターでは、診療アドバイザーを務める

全国から、若い獣医師たちが『もっと動物の為になる救命救急を』と同じ志を持って集まりました。
アドバイザーにはニューヨークで活躍中の遠藤雄介獣医師や再生医療でも有名な平野由夫獣医師を迎え、チーム医療を実施しております。
ぜひ、ともにチームの一員として成長していきましょう!

病院概要Hospital Plofile

病院名
神奈川どうぶつ救命救急センター
方 針
アジアNo.1 救急医療システムを持つ医療センターの実現
開 院
2022年8月1日
対象動物
犬・猫
診療内容
救急医療
診療科目
救急診療科
病院規模
診察室5個、陽圧オペ室、CT撮影室、その他施設
診療時間
シフトパターンの組み合わせで24時間対応
医療機器
  • ・ デジタルX線画像診断装置
  • ・ 超音波診断装置
  • ・ 内視鏡
  • ・ 自動血球計算装置
  • ・ 血液化学検査機
  • ・ 生体情報モニター
  • ・ 集中治療室(ICU) その他

運営会社company

社名:株式会社JPR (https://www.jprpet.com/)
東京・神奈川に8病院、海外では台湾に1病院展開する「プリモ動物病院」を運営し、院内併設のトリミングサロン「ペットサロンコンビ」を国内に2店舗運営しています。年間診療件数17万件、手術件数7千件以上の実績をから、業界上位1.5%に入る関東圏最大規模の動物病院グループとして成長を続けてきました。 そして、新たな事業として救命救急病院事業を開始。ここ、神奈川から“日本の動物救命救急を変えていきます!

ー Our Vision ー

Quality of Animal Life

動物が人間と同じように、幸福を追求できる世の中へ
私たちはこの言葉をビジョンに掲げ『動物の生活の質』の向上につながるサービスを創造しています

■ 株式会社JPRが発信する救急医療の新ステージ

私たちは更なるQAL向上のため、
これまでにない24時間365日対応の救命救急動物病院
を創ることにしました。これは新しい挑戦です。
ともに獣医療を変えていきましょう!

救急動物医療事業部統括
武士俣 清彦

募集要項Recruit Description

募集職種 獣医師
職務内容 獣医師業務全般
応募基準 獣医師免許保有、臨床経験2年以上
勤務地 神奈川県相模原市内
勤務時間 【日勤】 7:30-18:30
【夜勤】 19:30-翌6:30
※2交代制、週4日勤務、月単位変形労働時間制
給与 32万円/月~(17時間分の固定残業代含む)
※日勤・夜勤交代制となるため、月給には日勤・夜勤問わず合計出勤時間分の深夜手当が含まれます。
※経験・実績を考慮の上、決定いたします。
※固定残業時間の超過分は別途支給します。
※試用期間6か月あり(期間中、条件変更なし)

昇給:年1回
賞与:年2回
休日 ・有給休暇制度(法定通り支給)
・産休、育休制度
・介護休業制度
・慶弔休暇
社会保険 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険完備
制度 ・交通費支給(上限3万円まで)
・マイカー通勤可
・残業手当
・定期健康診断あり
・退職金制度あり
・慶弔金制度あり
・出産・育児支援制度、お祝い金あり
・学会参加費・講習会等参加補助有り
・院内セミナー・研修制度あり
・各種社内イベント、社員旅行あり(全額会社負担)
・インフルエンザ予防接種費用補助
・グループ内動物病院割引制度
・グループ会社の書籍購入等 社員割引
・グループ会社の学習支援動画視聴可能

エントリーEntry

「エントリーの前に、もっと詳しく説明を聞きたい」という方へ、個別説明会を実施しております。

個別説明会をご希望の方は、下記必要事項記入の上、備考に説明会希望の旨を記載ください。
個別説明会は、応募を強要するものではございませんので、お気軽にお問い合わせください。
ご応募、お待ちしております。

応募エントリーはこちら

名前 *必須
フリガナ *必須
生年月日 *必須
性別 *必須 女性  男性  無回答
電話番号 *必須
住所 *必須  
Eメール *必須
最終学歴 *必須 年卒業
学校・学部・学科名
お勤めの病院名 *必須
当サイトを知ったきっかけ *必須 SNS(Facebook、Instagramなど) 
雑誌広告(雑誌名:
Google検索 
求人サイト(アニマルジョブ)
株式会社JPRホームページ 
JP PET NEWSサイト
知人の紹介 
その他(
備考欄